クルクミンとターメリックの違い。ウコン抜きには解説できない? | 気になる調査隊
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

クルクミンとターメリックの違い。ウコン抜きには解説できない?

クルクミンとは、ショウガ科に分類されるターメリック(和名でウコン)に存在する、黄色の色素を指す成分の名前です。

ウコン、これは「ウコンの力」という製品で有名になった、スーパーやドラッグストアでよく見かけるスパイスです。

実は、カレーで使われることで知られるスパイス、ターメリックとウコンは同じものですが、その事実をご存じでしたか?

今回は、ウコンの様々なタイプや、その摂取方法についてお話しします。

【関連記事】クルクミンとクミンの違い。ターメリックやウコンについても解説

スポンサーリンク

ウコンの細粉(ウコン粉末)について

ウコン粉末とターメリックの違い

実は、ターメリックは日本でウコンと呼ばれるもので、同じ成分を指します。

具体的に言うと、秋ウコンは英語ではターメリックと呼ばれ、日本語ではウコンとされています。

ウコンはかなり古い歴史を持ち、紀元前の東インドで既に使われていたと言われています。

日本では、主に粉末状やサプリメントとして販売されています。

また、ウコンの根から取り出される成分、クルクミンは染料としての用途もあります。

スポンサーリンク

ウコンのバリエーション

ウコンには、秋ウコンや紫ウコンなど、花の色や断面の色によって区分されるさまざまな種類があります。

細かく分類すると50種類以上になると言われています。

ここでは、いくつかの代表的な種類を紹介します。

春ウコン

別名キョウオウや黄ウコンとも呼ばれ、英語では「Wild Turmeric」として知られています。

4月から6月にかけて、鮮やかな桃色の花を咲かせます。

これが名前の由来となっています。

主に沖縄の西表島に自生し、辛味と苦味を持つことが特徴です。

秋ウコン

沖縄ではうっちんとも呼ばれ、英語でターメリックとして知られています。

7月から10月に白い花を咲かせます。

春ウコンと比較してクルクミンが豊富で、料理や染料に使われることが多いです。

わずかな辛味とほとんどない苦味が特徴です。

紫ウコン

弘法大師の石芋とも称されます。

5月ごろに咲く紫色の花が名前の由来です。

クルクミンを含まず、精油成分やミネラルが豊富です。

特徴としては非常に強い苦味があります。

黒ウコン

タイ原産のバンウノン属に属する植物で、クラチャイダムとも呼ばれます。

日本では黒ショウガとしても知られています。

クルクミンやアントシアニンを含み、スパイシーでカレーのような香りが特徴です。

スポンサーリンク

ウコン粉末の効果的な利用法

秋ウコン粉末に焦点を当て、その美味しい摂取方法を探求します。

苦味が少ない秋ウコンですが、水に溶かすだけでは飲みづらいことも。

ここでは、ウコン粉末を美味しく摂る方法を紹介します。

ウコンを使った栗きんとん

通常はクチナシで色付けする栗きんとんにウコン粉末を使用しても良いです。

香りが強くなりすぎないよう、少量から始めましょう。

香りが気になる場合は、ウコン粉末を先に乾煎りすると香りを抑えられます。

ウコンはちみつ生姜ジュース

ウコン粉末には生姜がよく合います。

はちみつで甘みを加え、レモンを少し加えるとフルーティーな味わいに。

ホットでも楽しめます。

スポンサーリンク

ウコン粉末を美味しく摂る方法

ウコン粉末の賞味期限とは?

製品により異なるが、一般的に未開封は約1年、開封後は2ヶ月程度が目安です。

ウコン粉末の保存方法

高温多湿や直射日光を避け、開封後は冷暗所に保存するのがベストです。

ウコン粉末の適切な摂取量

ウコン粉末の推奨摂取量は、1日に約3gが適量です。

スポンサーリンク

まとめ

この記事を通して、クルクミンとターメリック、そしてウコンの独特な関係性を理解していただけたことでしょう。

クルクミンの健康上の利点やターメリックの幅広い用途を把握する上で、ウコンの役割は不可欠です。

これらの成分が持つ個別の特性と相互関係を知ることで、私たちはより賢く、効果的にこれらを日々の生活に取り入れることができるようになりますね。

タイトルとURLをコピーしました